視力の治療法・改善サイト

近視を改善する、眼科のレーシック手術や視力回復トレーニングなどの、視力の治療法を解説しています。

サイトトップ > 視力低下の治療法とは?〜目の血行をよくする

視力低下の治療法とは?〜目の血行をよくする

視力低下の治療法は、簡単です。
パソコン作業や受験勉強などで目を酷使した後は、目の疲れをとればいいのです。そして定期的に休憩をはさみ、目を休めることです。

近視・近眼といった視力の低下は、近くを見続けるためというよりも、同じ距離のものを見続けることに原因があります。つまり距離が問題ではなく、毛様体筋の運動不足なわけです。

また手もとの教科書や参考書、あるいはパソコン画面、ゲーム機の画面といった小範囲しか見ないため、外眼筋も運動不足になります。

眼筋が運動不足になることが、視力低下の原因ですから、それを事前に解消する視力低下の治療法が必要になります。

とはいっても冒頭でふれたように、それは簡単なことです。たとえばたまに視線を上げて、遠くを見てみるということだけで、目の筋肉を運動させる効果的な治療法になります。

あるいは、自宅の室内で、目をあちこちに動かせば、かんたんな視力低下の治療法となります。

いずれにしても目を酷使したら、それを引きずらずに、その場で目の疲れを取ってしまうことです。これ以上の効果的な視力低下の治療法はありません。

目の筋肉を運動させる以外に、目の血行をよくするという視力低下の治療法もあります。目の筋肉を固定して動かさないでいると、目の筋肉がこり固まってきます。そこで前述したように、たまに目をうごかすことによって、目の緊張をとるのです。

同時に目の血行をよくすることも、視力低下の治療法となります。たとえば目を強くまばたいてみる。そうすると眼球のなかに一気に血液が流れ込んできます。目のツボを指圧したり、蒸しタオルを目の上にのせたり、手のひらで目を覆ってもよいのです。

目の血行をよくすれば、目を運動させることと同様に、目のコリ、緊張をほぐすことができます。しかし、これはどちらかというと、対症療法的な視力低下の治療法といえます。

やはり根本的に目の筋肉を鍛える習慣をもったほうがいいでしょう。つまり眼筋トレーニングこそが、視力低下の治療法として、もっとも効果的です。

川村博士の視力回復法は、眼筋を効率よく鍛える方法です。これを実行すれば、疲れ目や眼精疲労の解消は当然として、視力低下を防ぐことができます。どんなに目を酷使しても、視力が低下しない強い目を作ることができるのです。

そのうえ川村博士のジニアスeyeによる視力回復トレーニングなら、眼球が伸びている強度の近視、つまり軸性近視であっても、視力を回復させることができます。眼筋が強化されれば、眼球をひきつけるため、眼球が元に形に戻っていくわけです。

視力を治療する方法とは?一覧