視力の治療法・改善サイト

近視を改善する、眼科のレーシック手術や視力回復トレーニングなどの、視力の治療法を解説しています。

サイトトップ > 視力回復と小学生〜早期発見がポイント

視力回復と小学生〜早期発見がポイント

視力回復と小学生について、解説していきます。

まずいえることは、視力回復は小学生のうちなら容易にできる、ということです。だいたい小学校入学の6歳ごろで遠視がとまり、大人の目が完成します。学校近視(単純近視)は、そのあと勉強という環境のなかで、徐々に近視になっていきます。

ところが最近では、小学生のうちから、さかんに近くを見て目を酷使する習慣が普通になってきました。たとえば携帯用ゲーム機で小さな画面だけに視線を固定して、また距離を固定して見続けています。これは確実に眼筋の運動不足になり、近視を誘発します。

小学生の近視は、まず仮性近視から始まります。
学校の黒板がなんだか見づらいな、と感じます。あるいは学校の視力検査(学校検眼)で検眼通知書をもらい、B判定やC判定をもらい愕然とします。Dランクという子供もいるかもしれません。

視力回復と小学生との関係は、このようにスピードが勝負ですから、なによりも早期発見がポイントになります。学校の健康診断の視力検診では、間隔があいているために、その間に子供の視力は急激に低下するのです。そのため早期発見ができないでいます。

そこで視力回復を小学生の年代で確実に実行するには、家に視力検査表を設置し、家族で視力測定を定期的に実施してはいかがでしょうか?そうすれば視力の低下を見過ごすことはありません。視力の検査くらい、べつに学校の検診を待たずとも、家でどんどん行なっていいのですから・・・。

視力回復を小学生の間に行なうことは、このように早期発見によって可能になりますが、すでにかなり視力が低下している子供もいるでしょう。それでも子供の目はまだ柔軟性があるので、近視が視力回復する可能性に満ちています。

ちょっと眼筋を強化するための眼筋トレーニングをほどこしてやれば、すぐに視力アップするものです。

しかし市販の視力回復の本には、そのための効果的な視力訓練法が書かれていません。ましてや立体視のマジカルアイとかピンホールメガネ、視力回復の機械、グッズでは、たいした効果はのぞめません。

それにはインターネット上で公開されている視力回復のマニュアルに学ぶ必要があります。真の情報は、こういったところにしか書かれていないのが現状です。こういったマニュアルを読めば、視力回復は小学生にも、簡単にできることがわかるでしょう。単純なトレーニングだからです。

視力を治療する方法とは?一覧