視力の治療法・改善サイト

近視を改善する、眼科のレーシック手術や視力回復トレーニングなどの、視力の治療法を解説しています。

サイトトップ > 子供の近視治療とは?〜早期発見がポイント

子供の近視治療とは?〜早期発見がポイント

子供の近視治療は、視力回復の可能性が大きいといえます。

幼児や小学生の子供は、まだ体も脳も発達途上にあり、成長期です。そのため眼球もまだ柔軟性があり、やわらかいのです。

しかも子供の近視・近眼といっても、近視歴はわずかです。そのため、軸性近視に移行していることも少ないため、子供の近視は治療しやすいというわけですね。

春の学校検眼、つまり視力検査での検眼通知書で、たとえA評価をもらったとしても、半年後にCランクになることがあります。それほど子供の視力低下は急激に進行していきます。B判定(視力0.7〜0.9)の場合はなおさらで、半年後に視力0.1になることもあるのです。視力0.1といえばD判定ですね。

このように子供の視力低下は大人の3倍以上である、といわれています。仮性近視の段階で早期発見して、歯止めを掛けることが大切です。仮性近視なら、まだ毛様体筋という目の筋肉のコリですから、コリ(緊張)をほぐせば、簡単に視力が回復するからです。

仮性近視の段階で気づかなかったり、多少見づらくても放置していると、あっというまに本物の真性近視になります。こうなると毛様体筋の緊張が固定化し、角膜も凸が強くなりますから、視力回復トレーニングによる子供の近視治療は、時間がかかるとえいえます。

とはいっても、子供の仮性近視の治療に対して時間がかかるというだけで、大人に比べたら何倍ものスピードで視力は改善していきます。子供の眼は、それだけ柔軟性に富んでいるのです。

子供の近視治療は、眼科でも行なえます。
ただし、なんでもかんでもメガネやコンタクトレンズを処方しようとする眼科医には注意してください。その点は、こちらが知識をつけて賢明になるしかありません。メガネをかけたら視力の低下は急速に進行していきます。

眼科での子供の近視治療は、まず点眼薬です。
ミドリンやサンドールといった散瞳薬を寝る前にさします。そうすると、寝ている間中、毛様体筋が弛緩するので、ずっと遠くを見ているような状態で睡眠をとれるのです。これによって、子供の仮性近視が回復することがあります。しかし、あまり期待しないほうがいい、という声も聞かれます。

そのほか眼科では、通電治療を行なっています。
これは眼に微弱な電気を流す視力回復の方法。子供は水分が多いので、大人よりも効果があるといわれています。ただし1回の近視治療に最低1000円かかります。経済的な問題があるわけですね。

眼科の通電療法は、効果は人それぞれで、子供でもまったく効果がない場合もあるし、年配の方でも視力がアップすることもあります。眼精疲労外来として行なっている場合もあります。全国では、ごくわずかしか行なわれていないので、なかなか見つけるのは難しいかもしれません。

インターネット上には、市販の視力の本には書かれていない視力回復の秘訣が記されたマニュアルが販売されています。こうした通信指導を受ければ、疑問点をメールで質問できますし、孤独な自宅での視力回復トレーニングを毎日、持続していくことが可能になります。なにより、いったん購入してしまえば、一生、無料で視力回復トレーニングを実践していくことができます。

この点は、通院のたびに1000円以上かかる眼科の通電治療と比較してみれば、いかに安いものかがわかるでしょう。

視力を治療する方法とは?一覧