視力の治療法・改善サイト

近視を改善する、眼科のレーシック手術や視力回復トレーニングなどの、視力の治療法を解説しています。

サイトトップ > 近眼治療の注意点とは?〜眼病を予防する心がけ

近眼治療の注意点とは?〜眼病を予防する心がけ

近眼治療は、眼科矯正医療であり、視力の回復ではありません。

近眼治療には、眼科矯正器具としてメガネ、コンタクトレンズがあります。オシャレ目的の度入りのカラーコンタクトレンズ(カラコン)も、立派な医療器具です。これらは、器具を使っているので、視力を矯正しているという自覚があると思います。

または、近視治療コンタクトレンズ、つまりオルソケラトロジーやオサートといった近眼治療法もあります。これは睡眠中に特殊なコンタクトレンズを装用することによって、おきたときに視力が矯正されているというものです。日中は裸眼ですごせるとはいえ、これもコンタクトという器具を使っているので、視力矯正という自覚はあるものです。

問題は、レーシック手術などのレーザー角膜屈折矯正手術の場合です。これも視力を矯正する近眼治療なのです。

ところがフラップを作成してエキシマレーザーを照射し、短時間の手術が終了すると、今までのわずらわしいメガネやコンタクトレンズなしでも、明瞭な視界が得られるようになります。

そうなると、「視力が回復した」と思うものです。
これで目がいい人たちの仲間入りをしたと勘違いしてしまうのです。しかし、これは大きな間違いです。メガネやコンタクトなどの近眼治療と同じく、レーシック手術やPRK手術、ラセックも視力の矯正なのです。これは内眼手術であるフェイキックIOLでも同様です。白内障手術でもいえます。

視力の強制とは、目の筋肉は異常のままで、とりあえず光の屈折を調整する近眼治療です。外部から「松葉杖」のように補助しているにすぎません。

そのため視力矯正している眼というのは、眼球が長くなっています。眼軸が伸びているということは、網膜が伸ばされて薄くなっているということです。

この状態は、網膜に穴が開く網膜裂孔や、やぶれる網膜剥離の危険があります。そのほか正常眼圧緑内障、黄斑変性症、白内障の危険も伴うのです。

そのため、眼鏡、ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てレンズ、オルソケラトロジー、オサート、レーシックなどのレーザー角膜屈折矯正手術などは、日ごろの目のメンテナンスが不可欠になります。フェイキックIOLでも同様です。

たとえば目を使った後は、目の周囲の視力回復のツボを指圧して、目の血行をよくしたり、視力回復トレーニングを毎日、自宅で行なったりします。あるいは、緑黄色野菜からルイテンを摂取します。ルテインは眼病予防効果の高さで知られています。そのほかブルーベリーやビルベリー、カシスに含まれているアントシアニンも目の健康を守る上で大切な抗酸化成分です。

視力回復トレーニングにかんしては、書店にマジカルアイの3Dの立体視ができる視力回復の本があったり、ピンホールメガネや視力回復の機械、グッズが多数販売されています。しかし、市販されている器具のなかには、それほど効果的なものは無いような気がします。

インターネット上にある、視力回復のマニュアルには、市販の本には公開されていない視力回復の秘訣が記されています。近眼治療を受けた人、あるいは現在受けている人は、そういった視力回復の専門家の指導を受けるといいと思います。

視力を治療する方法とは?一覧