視力の治療法・改善サイト

近視を改善する、眼科のレーシック手術や視力回復トレーニングなどの、視力の治療法を解説しています。

サイトトップ > 近眼回復トレーニングの方法とは?〜眼筋訓練など

近眼回復トレーニングの方法とは?〜眼筋訓練など

近眼回復トレーニングは、巷にあふれていて、どれを選べばいいのか、迷ってしまうかもしれません。

今流行の3Dの立体視ができる「マジカルアイ」なんていう視力回復の本がありますね。これを交差法や平行法で見ると、美しい感動的な写真やイラストが浮き出てきて、ストレスの解消になります。

メガネに穴がいっぱい開いた「ピンホールメガネ」なんていう視力回復グッズもあります。「ピンホールアイマスク」とか、「視力アップアイグラス」といったりもしますね。これは近眼回復トレーニングというよりも、これをかけてテレビなどを見ているだけで、毛様体筋が休まるというものです。

そのほか店頭では販売されていない視力回復機があります。もっとも信頼が置けるものとしては、超音波治療器ソニマックがあります。これは目に2万数千回の振動を与えることによって、目の血行をよくし、毛様体筋の緊張を解消しようというものです。そのため、近眼回復トレーニングとしては不十分で、せいぜい目に蒸しタオルを当てる程度の効果でしょう。

市販の視力の本やネット上で公開されている情報を総合すると、近眼を回復させる方法にはふたつあります。毛様体筋のトレーニングと眼筋トレーニングです。

毛様体筋とは遠近調節をして、水晶体の厚みを変えている組織で、そのトレーニングは仮性近視や子供の近視回復に有効です。大人でも目の疲れの解消や対策、眼精疲労の予防に有効といえます。

しかしこの近眼回復トレーニングでは、眼球がのびてしまった軸性近視という強度の近視には、さほど効果がありません。そこで眼筋トレーニングの登場です。これは外眼筋を鍛える訓練です。

外眼筋とは眼球の周りにあって、目をいろんな方向へ動かすための太い筋肉です。近視とは眼筋の弱体化により、眼圧に負けてしまって、眼球が前方に伸びたものであると考えられます。

そこで眼筋訓練による近眼回復トレーニングによって、外眼筋を再訓練するのです。そうすると、4本の直筋が眼球を手前にひきつけるため、眼球の形が元に戻る可能性があります。

このための効果的な近眼回復トレーニングの方法は、市販の視力回復の本には書かれていません。インターネット上で販売されている視力回復のマニュアルのみで知ることができます。

視力を治療する方法とは?一覧